ワンコース景福宮(キョンボックン): 神獣遠征隊 (eBook)

by (Author)

  • 575 Words

★光化門の入り口のヘチ(獬豸)がソウル市の公式広報大使であることをご存知ですか。ほかにも、禁川と永濟橋には天鹿が、 峨嵋山にはヒトデが、 勤政殿の天井には双龍が身をすくめている景福宮(キョンボックン)、左の龍、右の虎、 北の玄武、南の朱雀のような四方神と十二支の神が守っている景福宮(キョンボックン)では、神獣たちが熱演中のドラマがリアルタイムで生放送中です。神獣を追跡する旅行作家、B級旅行と一緒に、韓民国最初の 神獣遠征隊に加わってみませんか。

★ 版権

★ 目次

☆ ワンポイント景福宮(キョンボックン):朝鮮5大宮闕(宮殿)の中心

☆ ワンポイント景福宮(キョンボックン)のマップ

☆ 神獣遠征隊:景福宮(キョンボックン)の神獣を追跡せよ!

☆ 光化門(カンファムン)のヘチ(獬豸):ソウル市公式広報大使

☆ 禁川橋の瑞獣: 雑鬼たちよ! 下がれ!

☆ 勤政殿の鳳凰:朝鮮の象徴から、青瓦台のシンボルへ

☆ 慶会樓の双龍:願いを言ってみて♪

☆ 峨嵋山のヒトデ:火は、私の胸に…

☆ 峨嵋山の月に住むヒキガエル:月光の名をもって、あなたを許さない!

☆ 慈慶殿の十長生:秦始皇さえも叶えられなかった不死の夢

☆ 勤政殿の日月五峰山図:王様まで絵の一部になってしまうところ

☆ 勤政殿の四方神・十二支神:朝鮮版大統領警護隊

☆ 鳩の襲撃事件:プシ(BUSH)の代わりにプシ(罘罳)

☆ ワンポイント 景福宮(キョンボックン) VS 紫禁城

★ 테마여행신문 Theme Travel News テーマ旅行新聞

☆神獣遠征隊:景福宮(キョンボックン)の神獣を追跡せよ!

龍、ユニコーン、赤兎馬、エルフ…。

読んでいくうちに、いつの間にか、読者をファンタジーの世界に招待するような神秘な言葉の数々…今この瞬間、皆さんの頭の中にはどんなイメージが浮かんでくるのでしょうか。ゲームキャラクターが浮かんでくる方がいらっしゃれば、『西遊記』や『三国志』といった中国の古典を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。 最先端のゲームと古典は、数千年という時間の両端にあるにもかかわらず、現代の人々にはさほど不自然ではない組み合わせです。その理由は何でしょう。

いろんな理由が考えられますが、ストーリという人間の本能にかかわる魅力も大きな理由の一つでしょう。ちょっとしたことにも意味づけをし、語ることの好きな人間の本性は、数万年前に洞窟の壁に絵を描いていた原始人から21世紀の小学生に至るまで、そんなに変わってきていないですからね。だからこそ、私たちは、国家、言語、ましては時代さえ違っていても、『スター・ウォーズ』の宇宙に魅了され、『三国志』の戦闘にのめり込み、『ロードオブザリング 』にはまることができるのです。

ストーリには必ず、勝者と敗者、ハッピーエンドもしくはバッドエンド、指導者と追従者などの数多くのキャラクターといった相反する要素が存在し、互いに 偶然、因縁、必然、復讐、恩返しなどの関係の結んだり、破ったりしながら、数々のプロットを拡大し、再生産していくものです。ところで、こういった数々の世の中のストリーの中で、とりわけ私の関心を引くものがあって、それが何かというと、この「動物」…中でも「想像上の動物」がそれなのです。

関雲長は毛並みが炎のように赤いという赤兎馬に乗って、一晩に千里を走ったし(いや、飛んだし)、カメ は食べることのできないウサギの肝を狙ったかと思ったら、トラは、貧しい青年が親に肉料理を食べさせるよう、自分が捕らえた鹿を渡してあげる瞬間!単なる面白さを超えて、喜びと感動で胸がいっぱいになるのを感じるのは私だけではないでしょう。

ところで、同じ想像上の動物でも具現される形は、文明圏、時代によって微妙な差があることが分かりました。東洋と西洋に同時に登場する神獣の龍とドラゴンを例に挙げてみましょう。蛇をモチーフにしたという点の外に、西洋では翼を持ったドラゴンとして、東洋では翼を持たなくても飛べる完全無欠な存在の龍として描かれるという根本的な違いがあるのですね。西欧のドラゴンが悪い存在で破るべき対象ならば、東洋の龍は、雨を呼んでくれたり、願いをかなえてくれる全知全能な存在として、描かれるのも意味深長な違いなのです。同じように少女たちのロマンである「ユニコーン」と一晩に千里を走る「千里馬」もまた、想像上の馬であるが、根本的に違うキャラクターなのです。

単純に「想像上の動物」と思ってしまうには、偉人や英雄より存在感が強いということは誰もがお認めでしょうね。時には伝説という名前で、時には民潭の形で週休よりもっと強く生き延びてきた「想像上の動物」は、実際今この瞬間もわれわれの周りで、容易に見かけることができます。各種のスポーツ球団の象徴であり、ドラマと映画の主役として活躍しているものですから、もうこれ以上説明を付け加えることは無用でしょうね。

80年代の武侠小説に代わって、人気を得始めたファンタジー小説は、映画、アニメ、キャラクター、ゲームなどとの異種結合がもっとも活発なコンテンツです。2010年から刊行され始めた、作家テソンの長編フュージョンファンタジー小説《幻獣の主》は現実世界に生きている主人公とファンタジー世界の神獣との交感を描いてマニア層から愛され、この作品の世界観が、神獣を飼いならすためのテイミングスキル(調教技術)に基づいた新作ゲーム《神獣の主》の世界観として借用されたりしました。

さらに、韓国国内最高のファンタジー作家のイ・ヨンドの《涙を飲む鳥》には、「トケビ(鬼・妖怪)」が登場するなど、西欧のキャラクターから脱皮し、「韓国式の世界観とキャラクター」を取り入れた、フュージョン型ファンタジーが、新しいコンテンツとして注目されています。では、再び本論に戻りましょうか。本日の旅行目的地の景福宮(キョンボックン)は、厳正な陰陽五行と風水、儒教的哲学などで建てられた古宮という硬いイメージの強いところですよね。しかし、じっくり見てみると、数々のストリーの主人公の神獣が所々に場を占めている何と500年もの前に建てられた、いわゆる「テーマパーク」なのです。

礎ひとつ、瓦一つまで周易と陰陽五行の原理原則に基づいて誕生したソウルの古宮には、東アジア文明に登場するほとんどの神獣が総出演中したそうです!ディズニーランドよりファンタスティックで、エバーランドよりダイナミックな《ワンコース景福宮(キョンボックン)神獣遠征隊》は、これまでの景福宮(キョンボックン)解説書が強調している歴史と人物についてのお話はしばらく中止して、誰にもなじみがありながらも、一方では見慣れない神獣を探して旅立つ冒険へご案内します。どうか良い旅を!

★光化門の入り口のヘチ(獬豸)がソウル市の公式広報大使であることをご存知ですか。ほかにも、禁川と永濟橋には天鹿が、 峨嵋山にはヒトデが、 勤政殿の天井には双龍が身をすくめている景福宮(キョンボックン)、左の龍、右の虎、 北の玄武、南の朱雀のような四方神と十二支の神が守っている景福宮(キョンボックン)では、神獣たちが熱演中のドラマがリアルタイムで生放送中です。神獣を追跡する旅行作家、B級旅行と一緒に、韓民国最初の 神獣遠征隊に加わってみませんか。

★ 版権

★ 目次

☆ ワンポイント景福宮(キョンボックン):朝鮮5大宮闕(宮殿)の中心

☆ ワンポイント景福宮(キョンボックン)のマップ

☆ 神獣遠征隊:景福宮(キョンボックン)の神獣を追跡せよ!

☆ 光化門(カンファムン)のヘチ(獬豸):ソウル市公式広報大使

☆ 禁川橋の瑞獣: 雑鬼たちよ! 下がれ!

☆ 勤政殿の鳳凰:朝鮮の象徴から、青瓦台のシンボルへ

☆ 慶会樓の双龍:願いを言ってみて♪

☆ 峨嵋山のヒトデ:火は、私の胸に…

☆ 峨嵋山の月に住むヒキガエル:月光の名をもって、あなたを許さない!

☆ 慈慶殿の十長生:秦始皇さえも叶えられなかった不死の夢

☆ 勤政殿の日月五峰山図:王様まで絵の一部になってしまうところ

☆ 勤政殿の四方神・十二支神:朝鮮版大統領警護隊

☆ 鳩の襲撃事件:プシ(BUSH)の代わりにプシ(罘罳)

☆ ワンポイント 景福宮(キョンボックン) VS 紫禁城

★ 테마여행신문 Theme Travel News テーマ旅行新聞

☆神獣遠征隊:景福宮(キョンボックン)の神獣を追跡せよ!

龍、ユニコーン、赤兎馬、エルフ…。

読んでいくうちに、いつの間にか、読者をファンタジーの世界に招待するような神秘な言葉の数々…今この瞬間、皆さんの頭の中にはどんなイメージが浮かんでくるのでしょうか。ゲームキャラクターが浮かんでくる方がいらっしゃれば、『西遊記』や『三国志』といった中国の古典を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。 最先端のゲームと古典は、数千年という時間の両端にあるにもかかわらず、現代の人々にはさほど不自然ではない組み合わせです。その理由は何でしょう。

いろんな理由が考えられますが、ストーリという人間の本能にかかわる魅力も大きな理由の一つでしょう。ちょっとしたことにも意味づけをし、語ることの好きな人間の本性は、数万年前に洞窟の壁に絵を描いていた原始人から21世紀の小学生に至るまで、そんなに変わってきていないですからね。だからこそ、私たちは、国家、言語、ましては時代さえ違っていても、『スター・ウォーズ』の宇宙に魅了され、『三国志』の戦闘にのめり込み、『ロードオブザリング 』にはまることができるのです。

ストーリには必ず、勝者と敗者、ハッピーエンドもしくはバッドエンド、指導者と追従者などの数多くのキャラクターといった相反する要素が存在し、互いに 偶然、因縁、必然、復讐、恩返しなどの関係の結んだり、破ったりしながら、数々のプロットを拡大し、再生産していくものです。ところで、こういった数々の世の中のストリーの中で、とりわけ私の関心を引くものがあって、それが何かというと、この「動物」…中でも「想像上の動物」がそれなのです。

関雲長は毛並みが炎のように赤いという赤兎馬に乗って、一晩に千里を走ったし(いや、飛んだし)、カメ は食べることのできないウサギの肝を狙ったかと思ったら、トラは、貧しい青年が親に肉料理を食べさせるよう、自分が捕らえた鹿を渡してあげる瞬間!単なる面白さを超えて、喜びと感動で胸がいっぱいになるのを感じるのは私だけではないでしょう。

ところで、同じ想像上の動物でも具現される形は、文明圏、時代によって微妙な差があることが分かりました。東洋と西洋に同時に登場する神獣の龍とドラゴンを例に挙げてみましょう。蛇をモチーフにしたという点の外に、西洋では翼を持ったドラゴンとして、東洋では翼を持たなくても飛べる完全無欠な存在の龍として描かれるという根本的な違いがあるのですね。西欧のドラゴンが悪い存在で破るべき対象ならば、東洋の龍は、雨を呼んでくれたり、願いをかなえてくれる全知全能な存在として、描かれるのも意味深長な違いなのです。同じように少女たちのロマンである「ユニコーン」と一晩に千里を走る「千里馬」もまた、想像上の馬であるが、根本的に違うキャラクターなのです。

単純に「想像上の動物」と思ってしまうには、偉人や英雄より存在感が強いということは誰もがお認めでしょうね。時には伝説という名前で、時には民潭の形で週休よりもっと強く生き延びてきた「想像上の動物」は、実際今この瞬間もわれわれの周りで、容易に見かけることができます。各種のスポーツ球団の象徴であり、ドラマと映画の主役として活躍しているものですから、もうこれ以上説明を付け加えることは無用でしょうね。

80年代の武侠小説に代わって、人気を得始めたファンタジー小説は、映画、アニメ、キャラクター、ゲームなどとの異種結合がもっとも活発なコンテンツです。2010年から刊行され始めた、作家テソンの長編フュージョンファンタジー小説《幻獣の主》は現実世界に生きている主人公とファンタジー世界の神獣との交感を描いてマニア層から愛され、この作品の世界観が、神獣を飼いならすためのテイミングスキル(調教技術)に基づいた新作ゲーム《神獣の主》の世界観として借用されたりしました。

さらに、韓国国内最高のファンタジー作家のイ・ヨンドの《涙を飲む鳥》には、「トケビ(鬼・妖怪)」が登場するなど、西欧のキャラクターから脱皮し、「韓国式の世界観とキャラクター」を取り入れた、フュージョン型ファンタジーが、新しいコンテンツとして注目されています。では、再び本論に戻りましょうか。本日の旅行目的地の景福宮(キョンボックン)は、厳正な陰陽五行と風水、儒教的哲学などで建てられた古宮という硬いイメージの強いところですよね。しかし、じっくり見てみると、数々のストリーの主人公の神獣が所々に場を占めている何と500年もの前に建てられた、いわゆる「テーマパーク」なのです。

礎ひとつ、瓦一つまで周易と陰陽五行の原理原則に基づいて誕生したソウルの古宮には、東アジア文明に登場するほとんどの神獣が総出演中したそうです!ディズニーランドよりファンタスティックで、エバーランドよりダイナミックな《ワンコース景福宮(キョンボックン)神獣遠征隊》は、これまでの景福宮(キョンボックン)解説書が強調している歴史と人物についてのお話はしばらく中止して、誰にもなじみがありながらも、一方では見慣れない神獣を探して旅立つ冒険へご案内します。どうか良い旅を!


  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
:
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
:
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
Average Reading Time Login to Personalize
  • Released:
  • Categories: Travel
  • Language: Japanese
  • Publisher: BookBaby
  • ISBN-10:
  • ISBN-13: 9791195169924

ワンコース景福宮(キョンボックン): 神獣遠征隊

No reviews were found. Please log in to write a review if you've read this book.

Item added to cart

9791195169924 bookshelf
ワンコース景福宮(キョンボックン): 神獣遠...
$2.99
QTY: 1

9791195169924 bookshelf

Write a Review for ワンコース景福宮(キョンボックン): 神獣遠征隊: 古宮で出会える龍、鳳凰、ヘテ(獬豸)のお話

by ???? b??? badventure (??? ??? ????????)

Average Rating:
×

ワンコース景福宮(キョンボックン): 神獣遠征隊 has been added

ワンコース景福宮(キョンボックン): 神獣遠征隊 has been added to your wish list.

Ok