ワンコース德寿宮(トクスグン): 皇帝になった男 (eBook)

by (Author)

  • 726 Words

★ 德寿宮(トクスグン)はソウルが抱えた朝鮮時代の5大宮闕(宮殿)の中で、一番小さいが、一番熱かった歴史を記憶しているところです。日帝の貪欲と在外公館の暗闘が極度に至った近代 、高宗は妻を亡くした悲しみと毒殺の危険を耐え忍んで、ロシア公使館へ播遷するという恥辱を耐えなければなりませんでした。朝鮮王朝が幕を閉じ、大韓帝国が始まった德寿宮(トクスグン)で、石塀が続いている美しい石壇道のその後日談が繰り広げられます。

★ 版権

★ 目次

☆ 德寿宮(トクスグン)トーク:外国の友人とのソウル旅行

☆ 德寿宮(トクスグン)ガイド

☆ 德寿宮(トクスグン)のマップ

☆ 王宮守門将交代儀式:ソウルを巡邏せよ!

☆ 慶運宮VS 德寿宮(トクスグン)

☆ 大漢門: 德寿宮(トクスグン)の正門

☆ 宮闕(宮殿)正門の秘密

☆ 中和門/中和殿

☆ 双龍の秘密

☆ 宮闕(宮殿)の正殿と天井文様の秘密

☆ ラストエンペラー、高宗

☆ チョン/ドゥム:朝鮮時代の消火器

☆ 光明門:朝鮮時代のロケット武器

☆ 石造殿:大韓民国最古の美術館

☆ 卽祚堂/浚明堂/昔御堂:德惠翁主の幼稚園

☆ 咸寧殿/靜觀軒:大韓民国のカフェ1号

☆ 高宗毒殺事件

☆ 德寿宮(トクスグン)の外の德寿宮(トクスグン)

★ 테마여행신문 Theme Travel News テーマ旅行新聞

☆ 德寿宮(トクスグン)トーク:外国の友達とのソウル旅行

B級旅行(以下b):もしもし!

ヒェジュ(以下h):bさん!来月、中国から友達が来ることになってるんだけど、どこを案内すればいいかな。

b:そうだね。まず、何がしたいかを考えなきゃね!

h:買い物は明洞ですればいいし、夜はホンデのクラブに行くことにしているんだけど、昼間のほうが問題だね。

b:最近は、外国の友達のほうからネットで調べてくるんだから、われわれより詳しいんだよ。

h:でもさ、韓国はわたしのホームグラウンドでしょ!どこか素敵なところ紹介してやりたいな。

b:だったら、やっぱり一番韓国的なところへ行かなきゃね!

h:仁寺洞のこと?

b:ハハ! 仁寺洞もちろんいいんだけど、意外と国産製品は見つからないし、韓国料理も高すぎるしね!最近は韓国の中低価格の化粧品が人気あるんだけど、どうせ明洞へ行くんだろ!しかし、一番韓国的なところといえば、韓国にしかないところだろ!

h:だから、そこってどこ?

b:お前、ソウルに宮殿がいくつあるか知っている?

h:景福宮へは行ったことある。

b:だから、いくつあるの?

h:そうだ!昌德宮へも行ってきた。昔、小さいときにね!

b:…宮殿は五つなんだよ。 5大宮闕(宮殿)とも言うんだよ。光化門広場から、真正面に見える景福宮と互いに隣接してる昌德宮/昌慶宮、ソウル歴史博物館の隣の慶熙宮、そしてソウル市庁前の德寿宮まで…。

h:ワア ~5大宮闕!奥深いよね! bさんって本当に旅行作家だったのね!

b:…僕、忙しいからね!

h:待って!おいしいものおごるからね!留学時代にさんざんお世話になったんだから、私も何かやってやりたいんだもの。お金はそんなにないんだけどね、(笑)だから~、その五つの宮殿の中でどこが一番いいの?

b:全部いいんだよ。

h:bさんたら、まったく!

b: 慶熙宮はどう?

h: 慶熙宮ですか。何で?何で?そこが一番いいんですか?ところで景福宮が一番有名で大きいところじゃないんですか?

b:これは本当に秘密なんだけど、5大宮闕の中でさ…。

h:??

b: 慶熙宮だけ、入場料がないの。

h:あ、それは本当にいい情報だね?!あ、ところで…。…何でむかつくんだろう!

b:お前、お金ないじゃない!

h:…それでも、入場料くらいは出せるって!早く教えて!!!(怒)

b:ハハ。

h: bさん、外国の友達が韓国へ来るたびに、たくさん行ってたでしょ。早く、白状して!

b:…飲酒検問してる?でも、ほんとにどこを行ってもいいんだ。問題は、その友達が韓国の宮殿にどれくらい関心があるかだね。しかも、中国からの友達なら、実際宮殿よりはエバーランドのほうが人気だったね!

h:そうそう、bさんの言うとおりだわ、わたしも北京へ行くと、夜市へよく行ったけど、紫禁城へは頑張って行ってみても、歩き疲れるだけだったのね。いつも紫禁城をみてきた子たちが、景福宮を見たら、がっかりするかも知れないし…。それにしても、景福宮ってメチャメチャいいな!後ろの北漢山もメチャ素敵だし!!!北京にはこんな山がなくて、宮殿だけがぽつんと建っているからね。

b:だから、どのように説明をしてあげるかだね。よく知られているところではなくても、どのように説明するかによって、その友達にとって一生忘れられない旅行になったり、いくら有名なところでも、写真一、二枚くらい撮って出てしまうところになりかねないからね。

h:わたしも、自分で直接説明してあげたいわ、専門家ほどではなくても、中国の友達に韓国について、教えてあげたくて自分なりに勉強もしているんだけど、やっぱ、歴史は難しい(涙)

b:歴史は僕にも難しいよ。大事なのは、ヒェジュ、あんたのスタイルなんだ!

h:あたしのスタイル?

b:お前、コーヒー好きなんだろ!

h :メチャ好きですよ!

b:その友達もコーヒー好きかな?

h :はい、好きですよ。っていうか、カフェでおしゃべりすることが好きかも、おしゃべり好きなのは、万国共通ですもんね。

b:OK!じゃあ、コーヒーが楽しめるところへ観光に行けばいいじゃない? 德寿宮(トクスグン)みたいにね。

h : 德寿宮(トクスグン)???

b:うん、じゃね!バイバイ!

h : bさんったら!理由を教えて!!!

b:(笑) 德寿宮(トクスグン)に靜觀軒という洋風の建物があるんだけど、高宗皇帝がコーヒーをお楽しみになられたところなんだ!国内最初のカフェって言えるかもね。高宗皇帝は、韓国人の中で一番最初にコーヒーをお飲みになられた方とも言われている。

h :ワーほんとですか。面白いですね!ところで、これは何で歴史の教科書には出てこないの?

b:ほら、 「俄館播遷」って覚えているんだろ?

h :「俄館播遷」って、たしか、ロシア公使館へ避身した事件でしたよね。その主人公が 高宗皇帝だったのですね。

b:オー、頭いいね。そうだよ。ロシア公使館で、お飲みになられたコーヒーの味をお忘れになれず、宮殿に戻られてからも、 靜觀軒でコーヒーをお楽しみになられたそうだよ。建物自体も洋風インテリアに韓国の文様をアレンジーしてエキゾティックだよ。同じアジア国家の中国の友達が見たら、さらに興味がわく空間なんだよ。德寿宮(トクスグン)の美術館に使われている石造殿もコロニアル様式の西欧風の建築物だから、5大宮闕(宮殿)の中で一番、朝鮮的じゃないっていうかね。ヨーロッパの人よりアジアの人にもっと異色な感じを与えるかも

h :ヤー面白ですね。カフェがある古宮だなんて!しかも大韓民国最初のカフェがね。德寿宮(トクスグン)に決定!!!

b:そう、事前に勉強して行ったほうがいいよ!古宮のなかで一番小さいから、二時間なら十分だよ。最近は外国の観光客もよく来るようになってさ、この前の彼らは20分で済ませたな!本当に見てたのかな!

h :(笑)、あたしたちも、パッケージ旅行のときは、紫禁城を一時間で回れるじゃない!ところで、 bさん!德寿宮(トクスグン)へいつ行くんですか。

★ 德寿宮(トクスグン)はソウルが抱えた朝鮮時代の5大宮闕(宮殿)の中で、一番小さいが、一番熱かった歴史を記憶しているところです。日帝の貪欲と在外公館の暗闘が極度に至った近代 、高宗は妻を亡くした悲しみと毒殺の危険を耐え忍んで、ロシア公使館へ播遷するという恥辱を耐えなければなりませんでした。朝鮮王朝が幕を閉じ、大韓帝国が始まった德寿宮(トクスグン)で、石塀が続いている美しい石壇道のその後日談が繰り広げられます。

★ 版権

★ 目次

☆ 德寿宮(トクスグン)トーク:外国の友人とのソウル旅行

☆ 德寿宮(トクスグン)ガイド

☆ 德寿宮(トクスグン)のマップ

☆ 王宮守門将交代儀式:ソウルを巡邏せよ!

☆ 慶運宮VS 德寿宮(トクスグン)

☆ 大漢門: 德寿宮(トクスグン)の正門

☆ 宮闕(宮殿)正門の秘密

☆ 中和門/中和殿

☆ 双龍の秘密

☆ 宮闕(宮殿)の正殿と天井文様の秘密

☆ ラストエンペラー、高宗

☆ チョン/ドゥム:朝鮮時代の消火器

☆ 光明門:朝鮮時代のロケット武器

☆ 石造殿:大韓民国最古の美術館

☆ 卽祚堂/浚明堂/昔御堂:德惠翁主の幼稚園

☆ 咸寧殿/靜觀軒:大韓民国のカフェ1号

☆ 高宗毒殺事件

☆ 德寿宮(トクスグン)の外の德寿宮(トクスグン)

★ 테마여행신문 Theme Travel News テーマ旅行新聞

☆ 德寿宮(トクスグン)トーク:外国の友達とのソウル旅行

B級旅行(以下b):もしもし!

ヒェジュ(以下h):bさん!来月、中国から友達が来ることになってるんだけど、どこを案内すればいいかな。

b:そうだね。まず、何がしたいかを考えなきゃね!

h:買い物は明洞ですればいいし、夜はホンデのクラブに行くことにしているんだけど、昼間のほうが問題だね。

b:最近は、外国の友達のほうからネットで調べてくるんだから、われわれより詳しいんだよ。

h:でもさ、韓国はわたしのホームグラウンドでしょ!どこか素敵なところ紹介してやりたいな。

b:だったら、やっぱり一番韓国的なところへ行かなきゃね!

h:仁寺洞のこと?

b:ハハ! 仁寺洞もちろんいいんだけど、意外と国産製品は見つからないし、韓国料理も高すぎるしね!最近は韓国の中低価格の化粧品が人気あるんだけど、どうせ明洞へ行くんだろ!しかし、一番韓国的なところといえば、韓国にしかないところだろ!

h:だから、そこってどこ?

b:お前、ソウルに宮殿がいくつあるか知っている?

h:景福宮へは行ったことある。

b:だから、いくつあるの?

h:そうだ!昌德宮へも行ってきた。昔、小さいときにね!

b:…宮殿は五つなんだよ。 5大宮闕(宮殿)とも言うんだよ。光化門広場から、真正面に見える景福宮と互いに隣接してる昌德宮/昌慶宮、ソウル歴史博物館の隣の慶熙宮、そしてソウル市庁前の德寿宮まで…。

h:ワア ~5大宮闕!奥深いよね! bさんって本当に旅行作家だったのね!

b:…僕、忙しいからね!

h:待って!おいしいものおごるからね!留学時代にさんざんお世話になったんだから、私も何かやってやりたいんだもの。お金はそんなにないんだけどね、(笑)だから~、その五つの宮殿の中でどこが一番いいの?

b:全部いいんだよ。

h:bさんたら、まったく!

b: 慶熙宮はどう?

h: 慶熙宮ですか。何で?何で?そこが一番いいんですか?ところで景福宮が一番有名で大きいところじゃないんですか?

b:これは本当に秘密なんだけど、5大宮闕の中でさ…。

h:??

b: 慶熙宮だけ、入場料がないの。

h:あ、それは本当にいい情報だね?!あ、ところで…。…何でむかつくんだろう!

b:お前、お金ないじゃない!

h:…それでも、入場料くらいは出せるって!早く教えて!!!(怒)

b:ハハ。

h: bさん、外国の友達が韓国へ来るたびに、たくさん行ってたでしょ。早く、白状して!

b:…飲酒検問してる?でも、ほんとにどこを行ってもいいんだ。問題は、その友達が韓国の宮殿にどれくらい関心があるかだね。しかも、中国からの友達なら、実際宮殿よりはエバーランドのほうが人気だったね!

h:そうそう、bさんの言うとおりだわ、わたしも北京へ行くと、夜市へよく行ったけど、紫禁城へは頑張って行ってみても、歩き疲れるだけだったのね。いつも紫禁城をみてきた子たちが、景福宮を見たら、がっかりするかも知れないし…。それにしても、景福宮ってメチャメチャいいな!後ろの北漢山もメチャ素敵だし!!!北京にはこんな山がなくて、宮殿だけがぽつんと建っているからね。

b:だから、どのように説明をしてあげるかだね。よく知られているところではなくても、どのように説明するかによって、その友達にとって一生忘れられない旅行になったり、いくら有名なところでも、写真一、二枚くらい撮って出てしまうところになりかねないからね。

h:わたしも、自分で直接説明してあげたいわ、専門家ほどではなくても、中国の友達に韓国について、教えてあげたくて自分なりに勉強もしているんだけど、やっぱ、歴史は難しい(涙)

b:歴史は僕にも難しいよ。大事なのは、ヒェジュ、あんたのスタイルなんだ!

h:あたしのスタイル?

b:お前、コーヒー好きなんだろ!

h :メチャ好きですよ!

b:その友達もコーヒー好きかな?

h :はい、好きですよ。っていうか、カフェでおしゃべりすることが好きかも、おしゃべり好きなのは、万国共通ですもんね。

b:OK!じゃあ、コーヒーが楽しめるところへ観光に行けばいいじゃない? 德寿宮(トクスグン)みたいにね。

h : 德寿宮(トクスグン)???

b:うん、じゃね!バイバイ!

h : bさんったら!理由を教えて!!!

b:(笑) 德寿宮(トクスグン)に靜觀軒という洋風の建物があるんだけど、高宗皇帝がコーヒーをお楽しみになられたところなんだ!国内最初のカフェって言えるかもね。高宗皇帝は、韓国人の中で一番最初にコーヒーをお飲みになられた方とも言われている。

h :ワーほんとですか。面白いですね!ところで、これは何で歴史の教科書には出てこないの?

b:ほら、 「俄館播遷」って覚えているんだろ?

h :「俄館播遷」って、たしか、ロシア公使館へ避身した事件でしたよね。その主人公が 高宗皇帝だったのですね。

b:オー、頭いいね。そうだよ。ロシア公使館で、お飲みになられたコーヒーの味をお忘れになれず、宮殿に戻られてからも、 靜觀軒でコーヒーをお楽しみになられたそうだよ。建物自体も洋風インテリアに韓国の文様をアレンジーしてエキゾティックだよ。同じアジア国家の中国の友達が見たら、さらに興味がわく空間なんだよ。德寿宮(トクスグン)の美術館に使われている石造殿もコロニアル様式の西欧風の建築物だから、5大宮闕(宮殿)の中で一番、朝鮮的じゃないっていうかね。ヨーロッパの人よりアジアの人にもっと異色な感じを与えるかも

h :ヤー面白ですね。カフェがある古宮だなんて!しかも大韓民国最初のカフェがね。德寿宮(トクスグン)に決定!!!

b:そう、事前に勉強して行ったほうがいいよ!古宮のなかで一番小さいから、二時間なら十分だよ。最近は外国の観光客もよく来るようになってさ、この前の彼らは20分で済ませたな!本当に見てたのかな!

h :(笑)、あたしたちも、パッケージ旅行のときは、紫禁城を一時間で回れるじゃない!ところで、 bさん!德寿宮(トクスグン)へいつ行くんですか。


  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
:
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
:
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
  • 0
    0
  • 1
    1
  • 2
    2
  • 3
    3
  • 4
    4
  • 5
    5
  • 6
    6
  • 7
    7
  • 8
    8
  • 9
    9
Average Reading Time Login to Personalize
  • Released:
  • Categories: Travel
  • Language: Japanese
  • Publisher: BookBaby
  • ISBN-10:
  • ISBN-13: 9791185778013

ワンコース德寿宮(トクスグン): 皇帝になった男

No reviews were found. Please log in to write a review if you've read this book.

Item added to cart

9791185778013 bookshelf
ワンコース德寿宮(トクスグン): 皇帝になっ...
$2.99
QTY: 1

9791185778013 bookshelf

Write a Review for ワンコース德寿宮(トクスグン): 皇帝になった男: 朝鮮王朝が幕を閉じ、大韓帝国が始まった德寿宮(トクスグン)で、石塀が続いている美しい石壇道のその後日談が繰り広げられます。

by ???? b??? badventure (??? ??? ????????)

Average Rating:
×

ワンコース德寿宮(トクスグン): 皇帝になった男 has been added

ワンコース德寿宮(トクスグン): 皇帝になった男 has been added to your wish list.

Ok